教育ローン

教育ローンとは、進学のための学費を負担するのが難しい世帯が利用することができるローンです。
日本の教育について見れば、中学までの義務教育より上になると、けっこうな学費がかかることが多いようです。
学費のための教育ローンを取り扱っているのは、住宅購入用のローンや自動車購入用のローンなどを提供してくれる銀行やノンバンクなどの金融機関です。
勤務先によっては、福利厚生の一環として、共済や健康保険組合などが直接学費を融資するタイプの教育ローンもあるようです。
教育ローンは貸付期間が長くなりがちなので、証書貸付の形を取るのが普通です。
学費のために教育ローンを借りる場合、契約書では借りた人が自分の口座を指定して、そこに融資金が入る体裁を取ります。
実際には、学費を受け取る相手方の銀行口座に直接振り込まれることが多いようです。
現在日本国内で取り扱いがあるローンはさまざまです。
教育ローンの他にも、住宅ローンや自動車ローンなどがあります。
消費財を買う行為などにくらべて、子供の教育資金は優先事項とみなされています。
消費耐久財の購入を目的としているローンよりも、金利が低く設定されていることの方が多いようです。
教育ローンを提供する会社によって金利は違います。
教育ローンを利用して学費をまかなおうと考えているのであれば、いくつかの候補を当たった上で最も利用しやすいと思うものを利用するようにしましょう。

86

学生ローンのポイント

もしも学生がお金を借りたいという場合は、学生用ローンが向いています。
ローンの申込みをする時には、アルバイトの収入があるかどうかが大事になります。
改正貸金業法の総量規制により個人の借り入れ限度額は年収の3分の1までに決められています。
学生本人に収入がない場合には年収が0円なのでローンを組むことはできません。
無収入の学生や専業主婦の方は新規に借り入れできないのが基本です。
ただアルバイトやパートの収入は立派な給与所得になりますので、学生本人に継続的な収入があれば審査を受けてみると良いでしょう。
絶対に融資が受けられるというふうには言いきれませんが、学生ローンの審査では、継続的な収入があり、返済能力がある人物と認められれば融資を受けることは難しくありません。
教育ローンは、毎月の収入がローンを組めるほどにはないけれど、お金を借りたいと考えている人向けです。
教育ローンは、学生ではなく、その保護者に行う融資のことです。
学費が足りないなどの理由で学生ローンを組もうとしている人は、保護者と相談して教育ローンを利用するのもおすすめです。
学生本人が借り入れできるものは、学生ローンの他にも奨学金があります。
保護者が連帯保証人となり卒業後に学生本人が返済するものです。
学費が不足した学生が、お金を得る方法はローンだけではありませんので、可能性を検討してみてください。

87

事業者ローンとは

事業者ローンは、中小規模の企業が担保なしで使える融資です。
保証人や担保を立てずに、短時間の審査で融資を受けられるため、需要が高まっています。
銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うものと、ノンバンクの貸金業者などが取り扱うものとがあります。
銀行の融資先は大企業や、上場企業でした。
最近では、中小企業向けの事業者ローンにも、大手銀行が積極的に行っています。
それと共に地方銀行や信用金庫、消費者金融や信販会社も、中小企業への事業者ローンを取り扱うようになりました。
起業したいという人や、会社の資金繰りを担っている人にとって、資金の調達はとても大事です。
消費者金融会社の事業者ローンはスピーディな審査が売りですので、すぐに資金が欲しいという人向けです。
早いところならばその日じゅうに、多くの事業者ローンは2~4日あれば融資が受けられます。
最近はスコアリングという方法で審査が行われています。
決裁書の内容をコンピューターに入力するだけで、コンピューターがデータを処理し、融資金額の上限や返済期間を決めることができます。
金利や手数料は比較的高く、借入限度額は低く抑えられがちです。
信用金庫や銀行の事業者ローンは、審査結果が出るまでの待機期間が長めになりますが、低金利で大口の融資が期待できますので、時間が余裕がある人はおすすめです。

88

親子ローンとは

親子ローンとは、親子で住宅ローンの返済を引き継ぐタイプのローンです。
金融会社によって差はありますが、住宅ローンの返済は75~80歳までと決まっています。
長期間の住宅ローンを50歳や60歳になってからは組むことは不可能です。
フラット35を利用したくても、50歳以上になると審査のときに落ちてしまうでしょう。
1人でローンを組むよりも融資条件を満たしやすく、借入金額を多くしたり、返済期間に余裕を持たせることも親子ローンならできるといいます。
60歳以上の人でも、親子ローンにすれば25年~35年の長期のローンを組むことができます。
二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人にとっては使いやすいローンです。
親子で融資を受け、共同で返済することができますので、金融会社の信用評価もぐっと高くなるわけです。
親子ローンを利用することができるのは、今同居しているか、今度同居を予定している親と実子または養子だといいます。
親子が共有しているか、またはどちらかかが所有しており、親子や親子の家族が一緒に住む目的である場合に限られるのが、購入する住宅の条件です。
親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどがほかの条件となります。
親子の双方が団体信用生命保険に加入するなど、親子ローンは金融会社によって様々な条件がつきます。

89

即日融資を受けるには

すぐにお金を借りたい、借りれないと困るという方は居ると思いますが、そういう時は金融業者に即日融資を申込むのは効果的です。
ランチ程度のお金なら、知人に借りて後で返したり、後日奢る等のやり取りで良いですが、纏まったお金の場合借りるのは難しい事が多いです。
急な葬儀があったり、急な飲み会、デート等、当日中にどうしてもお金が欲しい時でも消費者金融の即日融資なら対応してもらえます。
これは通常のキャッシング申込みと同様の申込み審査が必要で、即日融資だからと特別な審査が必要という事は無いです。
普通に成人以上で定期的な収入の流れがあればOKで、ネットからでも直接店舗に行っても申込み審査が可能です。
ただ注意すべき条件が時間です。
大抵の業者は昼の2時までに契約完了させないと翌日以降でないと利用出来ないという時間の縛り設定があります。
各業者により設定時間は前後しますからサイト等でチェックしておくのが望ましいです。
時間制限内に審査に通り契約する事で、当日中にお金が必要な状況でも融資を受ける事が可能になりますから、先手を打って早めに申込みするのが無難です。
忙しくて業者に直接行けない場合でもパソコンやスマホ等ネット環境があるならば、会社や自宅から出ずに融資を受ける事は可能です。

このサイトでも紹介しています → 即日融資ならこちら!